要介護状態になると、当然、周囲を巻き込んで色々介護が必要となります。
介護は大変なので、できるだけ事前に防ぎたいですよね。
そのためには、要介護になる原因を知る必要があります。

以下の図は内閣府より出ている「平成29年版高齢社会白書」からの資料です。

■参考資料:65歳以上の要介護者等の性別にみた介護が必要となった主な原因

男性と女性での原因の割合が示されていますが、結構違いがあります。
特に男女間で大きな差がみられる原因は以下でしょうか。

◆脳卒中   【男性】26.3% 【女性】12.6%
◇関節疾患  【男性】 4.7% 【女性】14.1%
◇骨折・転倒 【男性】 6.0% 【女性】15.4%

男性は脳卒中の比率が高いです。
脳卒中は高血圧、お酒の飲み過ぎ、ストレスなどが原因でなりやすいそうです。
他にも心臓病や糖尿病がある人もなりやすいそうですね。

私の父も脳卒中が原因で今は要介護3ですが、上記全てに当てはまってます。
特にお酒の飲みすぎは酷く、これが原因で心臓病、糖尿病など病気の掛け持ちが始まりました。
当時は「誰にも迷惑かけないからいいだろ!」と毎日飲んでいましたが。。。
仕事のストレス等で飲みたい気持ちはわかりますが、心あたりのある方はほどほどに。

対して女性は関節疾患、骨折・転倒などが多いようです。
女性は寿命が長いため、主に加齢による原因(認知症・衰弱)が男性より高いのはわかりますが、骨や関節などは男性の2倍以上と多いです。

これは男女の筋肉量の違いでしょうかね。カルシウムや吸収を助けるビタミンC,Dを多く摂る、また簡単な運動をじっくりすることが大事でしょう。

私の母は要介護1ですが、予防のためNHKのみんなの体操をさせていたりします。
ただ9:55放送開始というのが少しネックかなと。ヘルパーさんが朝ごはんを作りに来るのは9時頃が多いと思いますが、10時まで居ないため、母が体操をしているかチェックできないんですよね。。。以前は9:25開始とのことなので、元の時間に戻してくれると助かります!

調べていると女性の方は50歳前後で閉経が来て、それにより心身の変化が起こり、間接疾患や骨折する方も多いとのこと。周りにいる方は、変化に気を配ってあげてください。

要介護は「ならないこと」が皆にとって一番良いことですので、事前に予防していきましょう。
・・・私も。