このサイトを見て頂いている方は会社勤めの方が多いと思いますが、介護休業が2017年1月に大幅に改正されたことはご存知でしょうか。

介護休業は育児休業と比べ話題にあがらず、存在すら知らない方も多いと思います。
ここでは2017年1月改正後の注目すべき変更点をあげます。

変更点 改正前 改正後
1.介護休業給付金の給付割合 40% 67%
2.常時介護の対象者 要介護の指定は無し 要介護2以上は対象
3.取得可能日数 93日上限で1回のみ 3回まで分割可能

※詳細は厚生労働省のサイトを確認ください。もう少し情報がまとまっているといいのですが。
厚生労働省 育児・介護休業法パンフレット

一番の変更点は、やはり1の給付金(お金)ですね。というか何で今まで40%だったの?
ちなみに育児休業は2014年4月に50%から67%に引き上げられ、介護休業はやっと追いついた状態です。2、3は選択肢が増えたので助かる方もいるかと。

私は従業員1000人以上の比較的大きい会社に勤めていますが、人事が知らないだけでなく、会社の介護休業規則も未更新のまま。。。
逆に言うと規則が更新されている会社は、介護について理解ある会社と言えるかと思います。

今は必要が無い方も、今後に備え、時間のある時に規則を確認してみてはいかがでしょうか。